「顧客の十戒」~ 買う、買わない、どこから買うか?。 すべてお客様の自由

2020年2月24日仕事

最近、ネットでたまたま見つけて、たしかにそうだよなと妙に納得してしまいました。

小笠原昭治さんという方のインターアクティブマーケティングに載っている「顧客の十戒」です。
http://www.interactive-marketing.co.jp/marketing/contents-stay/01_10kai.htm

結構知っている方はいらっしゃるようですが、お客様の気持ちをとてもストレートに表しているものです。
個人的に、ぜひ戒めとして忘れないようにしたいと思い、こちらで紹介させていただきます。

「顧客の十戒」

一 私には、選ぶ権利があります。
   しかし、あなたから買う義務はありません。
二 私は満足したいのです。
   満ち足りることができれば、どこの何の商品であっても構いません。
三 あなたのことを忘れても、私を責めないで下さい。
   自分と家族のことは忘れませんが、他人のことは忘れてしまいます。
四 私は常に、あなたから買おうか、他から買おうか、迷っています。
   あなたから買う理由がなければ、私は他から買うかも知れません。
五 私は、何らかの得をしたいと思っています。
   あなたに得させる目的で買おうとは思いません。
六 私は自動販売機から買うのではありません。人間から買うのです。
   私もあなたへお金を払う機械ではありません。
七 私をだまさないで下さい。
   もし、だまされたと知ったとき、私は絶対あなたを許さないでしょう。
八 私は人間ですから、理性と感情があります。
   知らないものは警戒するし、買っていいかどうか不安だし、怪しいものは近づけません。
九 金の切れ目が縁の切れ目といいます。
   あなたが欲しいのは顧客なのか、売上金なのか、私は見抜きます。
十 私に24時間必要なものは、空気と健康だけです。
   それ以外は、必要なときに、必要なだけあれば充分です。

 

いかがですか?

私は、これを読んで、ある種の衝撃を受けました。
確かにこの通りですね。

お客さんは、買う、買わない。
またどこから買うか。
すべてお客様の自由です。

言い方はちょっと変かもしれませんが、お客様にとって、わたしたち事業者、販売側のこと、事情なんて、どうでもいいんです。

自分が好きものを好きな会社から買うことができます。
ここを私たち事業者は勘違いしてはいけませんね。

そして、お客様にとって、その好きな会社、好きだと思ってもらえるお店にならなければいけませんね。
ホント戒めです!

この記事を書いた人

タナケン
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/

スポンサーリンク