家事代行を上手に賢く利用する方法

仕事

せっかく家事代行を利用するのなら、ただ利用するだけでなく、上手に使いこなしたいものです。
そこで、家事代行サービスを上手に、賢く使いこなす方法をお教えします。

スポンサーリンク

事前に希望はしっかり伝える

家事代行を利用してみたものの、なんとなく満足できないという場合、その原因は、担当するスタッフさんとのコミュニケーション不足にあるというケースが非常に多いです。

コミュニケーションといっても、スタッフさんと親しくなるという意味ではなく、自分がやってほしいことを具体的に伝えるということです。

口頭でなんとなく伝えるよりも、メールで伝えたり、紙にメモ書きなど明文化しておくことで、作業指示がしっかりとスタッフさんに伝わります。

掃除のやり方に自分なりのこだわりがある場合も、そのことを伝えておかなければ、絶対に伝わりません。
そのくらい察してよというのは、なかなか難しいです。

他の仕事でもなんでそうですが、人になにかをやってほしいとか、仕事を振る場合は、他人にしっかり伝わるような伝え方をするというのは、仕事でも大事なことですよね。
それと同じです。

ここが気になる
ここをこうしてほしい

など、より具体的に教えてもらったほうが、担当するスタッフさんにとってもありがたいものなのです。

優先順位を決めておく

場所ごとに料金が発生するハウスクリーニングとは違って、家事代行は”時間制のサービス”です。

あれもこれもと依頼したくなるかもしれませんが、限られた時間の中でたくさんお願いしても、その全てに対応してもらえるとは限りません。

もし時間が足りなくなってしまった場合には、どこを優先したらよいか、または省いてもよいかを伝えておくことで、作業の質も保てます。

スタッフのノウハウを盗む

家事代行のスタッフは、その道のプロです。
事前にしっかり研修を受けており、家事の知識も豊富です。

そして、先程書いたように、家事代行のスタッフは、限られた時間の中でいかに効率よくやるかということに、とても気を使っています。
効率よく家事をやるやり方を、ちょっと聞いてみるのもいいでしょう。

また、家事の困り事などを相談したり、おすすめの洗剤や道具を教えてもらうのもよいと思います。

家電や家具の買い替えの時にも、良いアドバイスがもらえることもありますよ!

お試しサービスを試してから、定期契約をする

多くの家事代行業者が、初回お試しサービスを実施しています。

定期でお願いしようと考えていても、いきなり本契約をするより、お試しサービスを利用することで、事前に知ることができます。

・どこまで対応してもらえるのか?
・どんな会社なのか?
・どんなスタッフが在籍しているのか?

また、

・社内できちんと教育制度があるか?
・物損時の保険に入っているか?

なども、事前に確認しておいたほうがよいポイントになります。

まとめ

せっかく家事代行を利用するのなら、より上手にサービスを使いこなしたいものですね。
最低限、上記のポイントを抑えておけば、トラブルになることも少なくなるはずです。

サービス提供側として、気をつけてほしいポイントをまとめてみました。
ぜひ、家事代行を上手に使いこなしてほしいと思います。

スポンサーリンク

仕事

Posted by あっきー