お客さまの心に残る仕事

私がやってきた仕事は、以前のサラリーマン時代の仕事、そして今の仕事もそうですが、建造物などと違い、目に見えて形に残る仕事ではありませんでした。

ですので、自分の子どもたちに「これは父さんが作ったんだよ」と言えないもどかしさ、またそういう仕事が羨ましいという気持ちもありました。

しかし、ある時期から、たとえ仕事の結果が形にならなくても、

”お客さまの心に残るような仕事“

をすればいいんだと思うようになってからは、それほど羨ましく思うこともなくなりました。

また、以前読んだある本の中で、

”心と心のキャッチボール”

という文章を見かけたことがあり、それからは、

「そう、たとえ仕事を通じたおつき合いであっても、心と心のキャッチボールができるような“人と人とのふれあいができる仕事”をすればいいんだ」とおもっています。

仕事って、結局は“人と人”ですからね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次